header_logo.GIF

海外から長期に渡り固定価格でバイオマス原料を供給できます。

気楽にグローバル・シーにお問い合わせください。

最近の記事

2017年12月05日

供給可能なバイオマス原料

グローバル・シーはWood Pellets, Wood Chip Lignin, PKS, ココナツシェル、遺伝子組み換え大豆油、パーム油、PAO, カシューナッツオイル、廃食油(UCO)を供給可能です。 

供給先は、インドネシア、マレーシア、フィリピン、 タイ、ベトナム、ペルー、カナダ、南アフリカ等です。 

PKSは年間96万トン、Wood Pelletsは年間59万トン、 パーム油は年間60万トン供給可能です。 

バイオマス発電は、FIT価格で20年間固定で売値が決まって いますが、その原料価格は日々変動します。 

グローバル・シーでは、長期に安定的に固定価格で供給 するために、バイオマス発電所とバイオマス原料供給先と 投資家をつなぐ橋渡しをしています。 

具体的にはインドネシアでPAO(パームアシッドオイル)を 長期に購入し、そこからRBDパーム油同等品を生産し、 パーム発電所に供給するというスキームで、1工場で3億円投資で 月600トン生産する精製工場を10−100造る計画です。 また、マレーシアに2か所のパームプランテーションの売り物件が あります。 

今回、これらの事業に投資して頂ける投資家を探しています。 ご興味のある方は、グローバル・シーまでお問い合わせください。 

ご参考までに直近の供給可能なバイオマス原料一覧を添付します。 供給可能なバイオマス原料一覧.pdf
posted by Mark at 14:55| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

サウジアラビア「環境・エネルギー商談視察ミッション」

ジェトロでは、環境・エネルギー関連の日本企業で構成するミッションを
 サウジアラビアに派遣し、政府関係機関および企業への訪問、技術紹介セミ
 ナー・商談会を実施します。
  サウジアラビアは、人口増加と政府主導による社会インフラの開発・産業
 多角化推進などを背景に、多くのビジネスチャンスが期待されています。一方、
 水・電力などの急増する国内需要に対応するため、最近ようやく石油に替わる
 新エネルギーの導入や、省エネルギーの必要性が議論されるようになりました。
 また、水の再利用やリサイクルといった環境関連技術への関心も高まりつつあ
 ります。 この機会に是非ご参加ください。

 ◇日 時: 2012年3月2日(金)〜8日(木)
 ◇場 所: サウジアラビア王国・リヤド州および東部州
 ◇主 催: ジェトロ
 ◇対 象: 環境・再生可能・省エネルギー関連の技術・製品・システムを保
       有し、ジェトロが実施するアンケートに必ずご回答いただける企業。
 ◇参加費: 無料
     ※航空券費、査証費、宿泊費等現地滞在費は自己負担。
     ※宿泊ホテル、現地活動に関する手配は、原則ジェトロが行います。
 ◇定 員:20名程度  ※先着順。定員になり次第締め切ります。
 ◇詳細・お申込:
  → http://www.jetro.go.jp/events/mission/20111125433-event
posted by Mark at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | サウジアラビア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

クウェート投資セミナー

クウェート国民議会は昨年、2010-14年の4ヵ年に亘る1,080億ドルの投資開発計画
を承認。同計画に基づく大規模事業の実施でクウェート経済は大きく変貌するも
のと思われます。計画の主眼は民間部門のクウェート経済貢献を引き上げること
であり、官民パートナーシップと民間セクターの役割拡大が強調されています。
具体的な案件としては、石油産出量の増加、鉄道、地下鉄網及び港湾の新設、工
業都市創設、電力・水・保健など各セクターへの投資増加などがあります。そし
てクウェート側は、日本企業の技術、専門知識、経験、直接投資による貢献を期
待しています。

本投資セミナーでは、クウェート政府関係者から投資環境やセクター別の具体的
プロジェクトにつきご説明をいただき、日本企業のクウェートへの投資可能性な
どにつき理解を深めます。クウェート向けビジネスに関心を持たれている皆様に
おかれましては、是非ご出席賜りたくご案内申し上げます。

※本投資セミナーは、当初本年2月開催を予定しておりましたが、諸般の事情によ
り延期となっていたものです。

■日時:2011年12月15日(木)13:30〜17:00(受付時間 13:00〜)

■会場:帝国ホテル(千代田区内幸町1-1-1 2階 蘭の間) 
    http://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/about/386
    JR 有楽町駅 5分、新橋駅 7分
    地下鉄 日比谷駅 3分、銀座駅 5分、有楽町駅 7分、内幸町駅 3分

■主催:中東協力センター(JCCME)

■後援:経済産業省、日本貿易振興機構(ジェトロ)

■内容:クウェートの投資環境と投資機会について
(1)クウェートの外国投資制度:外国投資委員会
(2)クウェートのメガプロジェクト:技術協力庁
(3)石油市場と石油分野(上流・下流)の開発:クウェート石油公社
(4)水・電力、交通分野の開発:水電力省、公共事業省、
   クウェート・メトロ・カンパニー
(5)クウェートの環境問題と将来設計:環境庁
※変更がありうることを予めお断り致します。

■受講料:無料 ※セキュリティーの都合上、必ず受講票をご持参ください。

■定員:150名 ※お申込み多数の場合は抽選とさせていただきます。

■お申込み:下記URLの案内状兼申込書をダウンロードの上、必要事項を記入し、
      FAX (FAX:03-3237-8018)にてお申し込みください。
  http://www5.jetro.go.jp/newsletter/obb/2011/201112kuwait.doc

■お申込み締切:12月2日(金)

■お問合先:中東協力センター 辻、小林(純)、稲本(TEL:03-3237-6722)
posted by Mark at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

バーレーンセミナー「秘められたバーレーンの魅力」のご案内

バーレーン経済開発委員会(EDB)と駐日バーレーン王国大使館の主催で、「秘
められたバーレーンの魅力」と題したセミナー並びに大使を囲む昼食会が開催さ
れます。

中東は多くの日本企業にとって未開拓の地ですが、中東の中でも世界から最も注
目を集めているのが湾岸地域であり、その中心に位置するのがバーレーンです。
バーレーンは、周辺国へのアクセスの良さ、経済自由度の高さ、そしてコスト競
争力など、中東で経済活動をする場所としての魅力にあふれています。

本セミナーでは、昨今の情勢も踏まえつつ、バーレーンのビジネス環境の魅力を
紹介します。また、前在バーレーン日本国大使館二等書記官の石引氏より、同国
の経済事情およびビジネス環境について講演頂きます。

◆日  時:2011年11月1日(火)11時30分〜14時00分 
 
◆場  所:アークヒルズクラブ(東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル)
   
◆主  催:バーレーン経済開発委員会(EDB)、駐日バーレーン王国大使館

◆後  援:日本貿易振興機構(ジェトロ)

◆講演内容:
<第1部>11時30分〜12時20分
1.バーレーン駐日大使より挨拶
2.講演  「秘められたバーレーンの魅力」「事業設立形態について」
      講師 バーレーン経済開発委員会
3.事例紹介「バーレーンの経済事情およびビジネス環境」
      前外務省在バーレーン日本国大使館二等書記官
      現経済産業省資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部
      新エネルギー対策調整官 石引 裕貴男氏 
       
<第2部>12時20分〜14時00分
昼食懇談会

◆対  象:海外事業展開を考えている首都圏に事業所を有する企業

◆参 加 費:無料(先着順)
     ※お席に限りがございます。原則として一社につき、お一人様限定のご
      参加とさせていただきます。

◆申込方法:
件名に「バーレーンセミナー申込」と記載いただき、会社名、事業内容、お名前、
所属部署名・役職、住所、お電話番号等の連絡先を明記の上、電子メールにて
10月21日(金)までにご連絡ください。先着順にご案内状をお送りいたします。
宛先:E-mail: edb-event@bahrain-embassy.or.jp
            
<<お問い合わせ先>>
バーレーン経済開発委員会駐日代表部
TEL:03-3584-8001(内線75)
Fax:03-3584-6991
E-mail:edb-event@bahrain-embassy.or.jp
posted by Mark at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

ドバイ エアポート フリーゾーン セミナー


リーマンショックの低迷から比較的早く脱出した中東諸国の経済は、更に成長
を続けております。他方、アラブ圏各地で起こっている民主化運動が今後どの
ように影響するのか、確固とした予見ができないのが昨今の状況下、周辺国の
経済ハブであるドバイを中心とした中東ビジネスが今後も発展を続けるかどう
か、皆様の関心事のひとつであると思います。

こうした中、今回のセミナーは「Dubai Business Opportunity」と題し、中東
経済の最新状況をご報告するとともに、ドバイ エアポート フリーゾーン(Da
fza)の特徴や立地のメリットなどについてご紹介し、皆様の中東進出の検討材
料としていただければと思っております。また、Dafzaの魅力的な進出パッケー
ジオファーもご紹介いたしますので、皆様お誘い合わせの上、ご来場いただけ
れば幸いです。

<東京会場>
日時:2011年10月18日(火)
 10時00分〜12時20分 セミナー (受付開始:9時30分〜)
 12時20分〜13時40分 ランチ (立食ビュッフェスタイル)

会場:ザ・リッツカールトン東京 2階 グランドボールルーム
 (東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン TEL:03-3423-8000)
 http://www.ritzcarlton.com/ja/Properties/Tokyo/Information/Directions

定員:120名
(定員に達した場合、お申込受付を締切らせていただく場合もございます。)

<大阪会場>
日時:2011年10月20日(木)
 10時00分〜12時20分 セミナー (受付開始:9時30分〜)
 12時20分〜13時40分 ランチ (立食ビュッフェスタイル)

会場:ザ・リッツカールトン大阪 4階 ボールルーム
 (ザ・イーストルーム&ザ・ウエストルーム)
 (大阪市北区梅田2丁目5番25号 TEL:06-6343-7000)
 http://www.ritz-carlton.co.jp/access/index.html

定員:90名
(定員に達した場合、お申込受付を締切らせていただく場合もございます。)

◆講演内容(予定):
1.「ドバイ エアポート フリーゾーンの魅力」
 (東京)Mr.Mohammad Suwailem, Director of Sales,
  Dubai Airport Freezone (Dafza)
 (大阪)Mr.Jamal Marghoob, Director of Marketing, Dafza

2.「中東・北アフリカのビジネスチャンスとドバイの役割」
  日本貿易振興機構(ジェトロ)
  進出企業支援・知的財産部 海外投資課 課長代理
  (前ジェトロ・ドバイ事務所 調査担当ディレクター)宮崎 拓 氏

3.「ドバイフリーゾーンの実情と日系企業進出状況」
  あさひインターナショナル(株) 社長 馬頭 勉 氏

※ 講演内容は変更される場合がありますのでご了承ください。

◆参加料:無料
◆言 語:英語・日本語同時通訳
◆主 催:ドバイ エアポート フリーゾーン庁
◆後 援:日本貿易振興機構(ジェトロ)、中東協力センター、
     大阪国際経済振興センター(大阪)
◆賛 助:アラブ首長国連邦大使館、ドバイ政府観光・商務局
◆お申し込み方法:
 参加ご希望の方は下記URLよりお申込みください。
https://www.ilcc.com/dubai_afz/form

※お申込み受付後、受講票をお送りいたしますので、そちらを当日お名刺と一
 緒にお持ちください。

※ご記入いただいたお客様の個人情報に関しては適切に管理し、セミナー運営
 の為に利用いたします。

◆お申し込み締め切り:
<東京会場> 2011年10月13日(木)17時
<大阪会場> 2011年10月17日(月)17時

お問い合わせ先:
<セミナー内容について>
あさひインターナショナル(株) 日本事務所 担当 南 和宏
TEL:0743-74-4590 E-Mail: minamikazuhiro@iris.eonet.ne.jp

<セミナーお申し込みについて>
ドバイ エアポート フリーゾーン セミナー事務局
(株式会社 ILCC 内) 担当 赤星、冨澤
TEL:03-5562-3677 FAX:03-5562-3666 E-Mail:dubai_registration@ilcc.com
posted by Mark at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

ドバイ エアポート フリーゾーン セミナー 「Dubai Business Opportunity 」のご案内

ドバイ エアポート フリーゾーン庁から第3回セミナーのお知らせです。

リーマンショックの低迷から比較的早く脱出した中東諸国の経済は、更に成長
を続けております。他方、アラブ圏各地で起こっている民主化運動が今後どの
ように影響するのか、確固とした予見ができないのが昨今の状況下、周辺国の
経済ハブであるドバイを中心とした中東ビジネスが今後も発展を続けるかどう
か、皆様の関心事のひとつであると思います。

こうした中、今回のセミナーは「Dubai Business Opportunity」と題し、中東
経済の最新状況をご報告するとともに、ドバイ エアポート フリーゾーン(Da
fza)の特徴や立地のメリットなどについてご紹介し、皆様の中東進出の検討材
料としていただければと思っております。また、Dafzaの魅力的な進出パッケー
ジオファーもご紹介いたしますので、皆様お誘い合わせの上、ご来場いただけ
れば幸いです。


◆講演内容(予定):
1.「ドバイ エアポート フリーゾーンの魅力」
 (大阪)Mr.Jamal Marghoob, Director of Marketing, Dafza

2.「中東・北アフリカのビジネスチャンスとドバイの役割」
  ジェトロ 進出企業支援・知的財産部 海外投資課 課長代理
  (前ジェトロ・ドバイ事務所 調査担当ディレクター)宮崎 拓 

3.「ドバイフリーゾーンの実情と日系企業進出状況」
  あさひインターナショナル(株) 社長 馬頭 勉 氏

4.進出済日系企業による経験談・現状報告(詳細未定)

※ 講演内容は変更される場合がありますのでご了承ください。

◆日 時:2011年10月20日(木曜) 
10時00分〜12時20分 セミナー(受付開始:9時30分〜)
  12時20分〜13時40分 ランチ (立食ビュッフェスタイル)
◆場 所:ザ・リッツカールトン大阪 4階 ボールルーム
◆主 催:ドバイ エアポート フリーゾーン庁
◆後 援:ジェトロ、中東協力センター、大阪国際経済振興センター(大阪)
◆賛 助:アラブ首長国連邦大使館、ドバイ政府観光・商務局
◆費 用:無料
◆定員:90名
◆申込締切:2011年10月13日(木)
(定員に達した場合、お申込受付を締切らせていただく場合もございます。)
◆詳細、お申込はこちら↓
https://www.ilcc.com/dubai_afz/form

≪お問い合わせ先≫  
<セミナー内容について>
あさひインターナショナル(株) 日本事務所 担当 南 和宏
TEL:0743-74-4590 
E-Mail: minamikazuhiro@iris.eonet.ne.jp

<セミナーお申し込みについて>
ドバイ エアポート フリーゾーン セミナー事務局
(株式会社 ILCC 内) 担当 赤星、冨澤
TEL:03-5562-3677 FAX:03-5562-3666 
E-Mail:dubai_registration@ilcc.com
posted by Mark at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ドバイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月19日

【イスラム圏/アジア等の市場戦略で重要となる「ハラル製品」とは何か?】 (9)「初めて学ぶ『ハラル製品市場・ハラル認証』の仕組み」

  日 時: 2011年10月7日(金)14:00-16:30
   場 所: 大阪商工会議所 5階 502号会議室
        (540-0029 大阪市中央区本町橋2-8)
     http://www.osaka.cci.or.jp/Shoukai/Map_Tel/shozaichi.html
   主 催: 大阪商工会議所
   参加費: 大商会員 8,000円、特商・一般 10,000円
   お問合せ先:大阪商工会議所 国際部 長尾
  TEL:06-6944-6400  FAX:06-6944-6293
 ◇詳細・お申込はこちら↓
   http://r26.smp.ne.jp/u/No/185239/g9Ic0dH7ci0D_103395/1007_halal.html

posted by Mark at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

サウジアラビア・ビジネスセミナー《7/14》

サウジアラビアはこの数年来、石油産業依存を脱却し将来の新たな基盤産業を
構築する目的で、製造業を中心に産業の多角化、若年層の雇用機会創出につなげるべく
「国家産業クラスター開発計画」を推進し、投資誘致に取り組んでいます。

 2007年に日サ首脳合意に基づいて日本・サウジアラビア産業協力タスクフォースが
設置されて以来、我が国は、サウジアラビアの中小企業政策立案支援、人材育成支援、
我が国企業の対サウジアラビア投資の促進に4年にわたり取り組んできました。

 本セミナーでは、昨今の中東での情勢変化を踏まえたサウジアラビアの最新の
ビジネス環境を紹介するほか、サウジアラビア進出日本企業に具体的な
ビジネス事例についてご講演をいただきます。また、日本・サウジアラビア産業協力
タスクフォース事務局が、サウジアラビア側企業の日本企業との提携ニーズに関して
収集した最新の調査結果の概要もご報告させていただく予定です。

 サウジアラビアへのビジネス展開及び投資を検討する上での一助となれば幸いです。
多くの企業の皆様のご参加をお待ちしています。

■日 時:平成23年7月14日(木)13:30〜16:00(受付開始13:00)

■会 場:リーガロイヤルホテル(大阪) 28階・クラウンルーム(大阪府大阪市北区中之島5-3-68)

■プログラム(変更の可能性があります)
 3:30〜13:35 開会挨拶
 13:35〜14:25 講演:ジェトロ・リヤド事務所長 村橋 靖之
 14:25〜14:30 休憩
 14:30〜15:00 講演:日本・サウジアラビア産業協力
         タスクフォース事務局 副事務局長 三束 尚志氏
 15:00〜15:40 講演:クボタ・サウジアラビア 社長 長濱 武俊氏
 15:40〜16:00 質疑応答後、閉会

■参加費: 無料

■申込締切日 :平成23年7月4日(月)

■定 員:100名(先着順))※定員になり次第、締め切らせていただきます。
    
■主 催: ジェトロ、(財)中東協力センター 
      日本・サウジアラビア産業協力タスクフォース事務局
■共 催 :大阪商工会議所、公益社団法人関西経済連合会

■申込方法:下記URLより添付の申込書に必要事項をご記入の上、
ジェトロ大阪本部事業推進課へFAX(06-6447-2336)にてお送りください。
 http://www.jetro.go.jp/events/seminar/20110620686-event

■問い合わせ先: ジェトロ大阪本部事業推進課
担当:<内容について>鈴木(智)、
   <お申込みについて>馬場
 TEL:06-6447-2316 FAX:06-6447-2336
 E-mail:BPOS@jetro.go.jp

posted by Mark at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

イスラエル ビジネス・ラウンドテーブル大阪


   日 時: 2011年6月24日(金)15:00〜17:00(開場:14:30)
   場 所: ヒルトン大阪 4階「紅真珠の間」(大阪市北区梅田1-8-8)
   http://hiltonjapan.ehotel-reserve.com/hilton-osaka/access-guide/index.html
   主 催: イスラエル大使館
   共 催: 大阪商工会議所
   参加費: 1,500円(ギブン・イメージング社のご要望により、参加費は義援金として
              東日本大震災の復興支援の為に寄付させていただきます。)
   お問合せ先: イスラエル大使館 経済部:原田
           TEL:03-3264-0398  FAX:03-3264-0829  
          大阪商工会議所 国際部:小浜
  TEL:06-6944-6400  FAX:06-6944-6293
 ◇詳細・お申込はこちら
  http://r26.smp.ne.jp/u/No/176084/9B_dbBH7ci0D_103395/0624_isr_buissin.html

posted by Mark at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

 4/14 「最新エジプト・サウジアラビアの政治・経済情勢セミナー」

   http://www.osaka.cci.or.jp/b/pdf11/110414esg.pdf

--------------------------------------------------------------◆◇◆

 近年、中東・北アフリカの経済は、エネルギー価格の高騰に支えられて
好調に推移し、「政治体制が比較的安定している」ことが追い風となって、
日本企業の中東ビジネスへの関心はかつてないほど高まっていました。
 しかし、突然のチュニジア・ベンアリ政権の崩壊は瞬く間に
エジプト政変へとつながり、さらにバーレーンなどの湾岸諸国や
イラン、リビアなどへの反政府抗議行動へと飛び火するなど、
改めて中東諸国の政治リスクに懸念が出ています。

 本講演会では、ジェトロ・アジア経済研究所の専門家より、
エジプトおよびサウジアラビアの政治情勢と今後の中東ビジネスへの
影響などについて解説いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

                
             記

   日 時: 2011年4月14日(木) 14:00-16:30
   場 所: 大阪商工会議所 6階 白鳳の間
        (540-0029 大阪市中央区本町橋2-8)
        http://www.osaka.cci.or.jp/Shoukai/Map_Tel/shozaichi.html
   主 催: 大阪商工会議所 国際ビジネス委員会
        日本貿易振興機構(ジェトロ)大阪本部
        日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所
   参加費: 無料
   定 員: 100名(定員になり次第、締め切らせて頂きます)
   お問合せ先: 大阪商工会議所 国際部 杖谷(つえたに)、丸山
     TEL:06-6944-6400  FAX:06-6944-6293
 ◇詳細・お申込はこちら↓
   http://www.osaka.cci.or.jp/b/pdf11/110414esg.pdf
 
posted by Mark at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

イラン・ビジネスセミナー


 http://r26.smp.ne.jp/u/No/159197/iIelAjH7ci0D_103395/0208_iran.html

====================================================■□■

イラン・イスラム共和国(ペルシア)は、ユーラシアの中心に位置し、
中東で一番大きな国です。石油の埋蔵量は世界の11%(世界第2位)を
占めており、天然ガスは15%(世界第2位)、また、農業においては、
サフラン、ピスタチオ、その他、石油コンビナート、スチール工場製薬、
化学工業なども充実しており優れたビジネスの拠点です。

このたび、イランのアラク商工会議所の会頭を団長とするイラン企業22社
のミッション一行をお迎えし、セミナーを開催する運びとなりました。
アラクはサフラン、製薬、化学機械などで有名な都市であり、ビジネス
チャンスの大きな都市のひとつです。

セミナーでは、イランの魅力、イランへのビジネスのアプローチの仕方、
最新のビジネス情報をご紹介いたします。また、セミナーの後にはQ&A、
またイラン企業と直接懇談、交流できる機会も設けます。

ぜひともご参加賜りますよう、ご案内申し上げます。


◆日 時: 2011年2月8日(火) 
      【セミナー】14:00〜16:30
      【交 流 会】16:30〜

◆場 所: 大阪商工会議所 6階 白鳳の間【交流会:桜の間】
       (大阪市中央区本町橋2-8)
 http://www.osaka.cci.or.jp/Shoukai/Map_Tel/shozaichi.html

◆主 催: イラン・イスラム共和国大使館
   
◆共 催: 大阪商工会議所、大阪府

◆参加費: 無 料

◆定 員: 70名(定員になり次第、締め切らせて頂きます。)

◆お申込み、セミナー内容の詳細は下記HPをご覧ください。
 http://r26.smp.ne.jp/u/No/159197/iIelAjH7ci0D_103395/0208_iran.html

■お問合せ先:
 大阪商工会議所 国際部 国際担当
 TEL:06-6944-6400 FAX:06-6944-6293



posted by Mark at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

2010−12 アクセスランキング

合計 196 637
1./index.rdf  49.6% 71 316
2.トップページ  8.6% 36 55
3./pages/user/m/article  4.9% 26 31
4.イラン向け貨物の船積前検査の手続きにつ…  3.8% 13 24
5.】「ジェトロ・中東協力センター共催イラ…  2.5% 15 16
6./pages/user/m/index  2.2% 13 14
7.第2回日本・アラブ経済フォーラムの開催…  2.0% 11 13
8./pages/user/m/archives  1.9% 12 12
9.中東湾岸諸国のビジネス法制度〜投資・進…  1.1% 7 7
10.韓国の起亜が躍進−09年度の自動車輸入−…  0.9% 5 6
11.フラビオ・ブリアトーレ氏、ドバイに超富…  0.9% 6 6
12.・アブダビ投資庁が成績を初開示、年利は…  0.8% 4 5
13.ドバイの債務問題が景気下押しリスク-201…  0.6% 4 4
14./pages/user/m/comments/regist/input  0.5% 3 3
15.我が国の中東に対する輸出入[輸出][輸…  0.5% 3 3
16./archives/20101116.html  0.5% 3 3
17.ドバイ・グループ、期日に2件のローン返…  0.5% 3 3
18.ドバイ 基本情報  0.5% 3 3
19./archives/201012-1.html  0.5% 3 3
20./archives/20101217.html  0.5%
posted by Mark at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする